• HOME
  • 脳を活性化する4つの習慣~話食動眠とは~
脳を活性化する4つの習慣
~話食動眠とは~

脳の健康と活性化につながる好循環<話食動眠>。

脳をイキイキ健康に保つためには、毎日の生活習慣が大きく影響してくることが東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授の研究によりわかってきました。さまざまな生活習慣は脳の発達を促進させ、加齢変化を抑えてくれるのです。なかでもポイントになるのが、「会話」「食事」「運動」「睡眠」の4つ。子どもからシニアまで生涯健康な脳を保っていくためは、脳に良い影響を与えるこの4つの生活習慣を暮らしに上手に取り入れていくことが大切になります。

話食動眠の名称、ロゴ意匠は㈱住環境研究所の商標登録です。

脳が喜ぶ、人とのコミュニケーション。

社会とつながり、人とコミュニケーションすることは、脳を大いに刺激します。たとえ何気ない会話であっても、「言葉を理解する」「相手を思いやる」「時間に気をつかう」など、脳の多くの部分はフル回転。そうした効果があるコミュニケーションは、会話の中身より「毎日継続する」ことが大切になるため、1日1回は誰かと話すよう心がけましょう。特に、前頭前野が発達する思春期の子どもの場合、この時期での対面してのコミュニケーションは、脳の発達にとても大切な要素になります。

誰かと会って話しているとき、脳の中では言語機能のある前頭葉をはじめ、言語理解や感情を制御する領域が活発に働いています。

脳にとっての最高の栄養は、知的好奇心。

「見たい」「知りたい」「やってみたい」などワクワクすることは、脳にとって最高の栄養。脳は、新しいことが大好きなので、やったことのないことをすると、さまざまな脳の領域が活性化します。だから、園芸、将棋、手芸、俳句など何でもOK。興味あることに積極的に挑戦して楽しみ、脳をどんどん刺激しましょう。
また、そうした知的好奇心は、子どもが勉強に進んで取り組むモチベーションも刺激してくれます。

意欲や創造、実行などを担う前頭葉をはじめ、視覚野のある後頭葉などが活発に働きます。
また、楽しいと感じることで扁桃体からドーパミンが分泌され、やる気がアップします。

先生からひと言

好奇心が高いほど、高次脳領域により脳の体積が保持されます。また、余暇に趣味を楽しむことなどで、認知症の発症リスクを下げることができます。