生涯健康脳住宅研究所

生涯健康脳住宅研究所とは?

生涯健康脳住宅研究所は、株式会社住環境研究所内に開設された研究機関です。「生涯健康脳住宅」の概念を形成し、これらの住宅の具体化のための研究を実施し、発信しています。

  • ■設立目的
    「生涯健康脳住宅」の概念の啓発と具体化の研究を実施し、発信を行う。
  • ■研究活動方針
    「健康な脳の育成」や「継続的な脳の活性化」を住環境により実現する。

生涯健康脳住宅とは?

“脳の活性化・機能保持”のためには重要な4つの項目「睡眠、運動、コミュニケーション、食事(調理)」があり、これらの項目に配慮し、実現するための3つの機能を持つ住まいを「生涯健康脳住宅」と定義します。

<生涯健康脳住宅イメージ>

話食動眠(わしょくどうみん)について

脳にとって4つの配慮がいかに重要性かを広く認知いただくために「睡眠」「運動」「コミュニケーション」「食事(調理)」というそれぞれの単語から1文字ずつを抜粋して、新たに「話食動眠」という4文字熟語を作成しました。生涯健康脳住宅のコンセプトスローガンとして訴求していきます。

2016のリリース

  • 「生涯健康脳住宅研究所」の開設 (2016年08月05日発表)
    ~脳の育成、活性と住まいや暮らし方の関係性について研究・発信~
バックナンバー BACK NUMBER

生涯健康脳住宅研究所がこれまでに発行したリリースのバックナンバーを発行年ごとにまとめて掲載しています。